赤い色のイボの正体

 

 

多くのイボは肌色で色付きのものは薄茶色から黒色まての色の間が一般的ですが、稀に赤い血液の塊のような突起がで出来ることがあります。イボにはウイルス性と老人性があり、血液の色が浮いて見える突起は老人性血管腫という良性のイボです。老人性は加齢によって皮膚が劣化して出来ますが、若い人でも紫外線を大量に浴びたり生活習慣が乱れたりしていると、皮膚が劣化して出来ることがあるので、赤いイボも高齢者だけでなく若い人に発症する可能性があります。良性なので特にケアをしなくても体調不良になることはありませんが、色が赤いのためとても目立ちます。発症部位は特定されていないので体中の至る所に出来ますが、若い人の場合は紫外線の影響を受けやすい首筋、顔、背中に多く発症します。

 

日常生活上で衣類で隠れない首筋などにあると目立ちます。杏仁オイルなどで除去するか皮膚科、美容皮膚科、形成外科などで治療してもらううときれいになります。病院での治療の場合、ウイルスが原因で出来るイボとは異なり、美容目的の治療となると健康保険適用外になることもあります。治療を受ける前に費用面の相談をしておくことも必要です。

 

代表的な治療方法は炭酸ガスレーザーの照射です。レーザーというと黒い色に反応すると思われていますが、炭酸ガスレーザーは水に反応するのが特徴で、皮膚に含まれる水分に反応させて赤いイボを除去します。他に電気メスを利用して焼き切る方法もあります。除去後にはかさぶたになりますが、自然に剥がれ落ちた後はきれいになります。レーザーや電気メスを利用した治療は、1回の治療時間が短く治療回数少なくて済みます。

 

治療しても紫外線や生活習慣によって再発するので、肌のケアを怠らないことが大切です。また赤いイボは紫外線のケアをするだけでも予防出来るので、出来ない生活を心がけるとよいでしょう。